よっしゃ―――――!!!

UEFA Champions League 09/10 グループリーグ第3節 レアルマドリー×ミラン


カカがレアルに移籍してから、初めての対決。
プレシーズンマッチで対戦する予定が流れたので、再会したのもこれが初めてか?
両チームの最近の成績から、レアルが圧倒的有利と見られていた。
自分もフルボッコにされるのでは?という不安を抱きながら今夜を迎えた。


試合はやはり完全にレアルペース。パスの成功率も、10%近くレアルが上回る。
ミランはカウンターを狙うしかないが、なかなか前線までパスが通らない。
そして19分、ジダのあり得ない凡ミスから、ラウルのゴールで先制を許す(;´д`)アチャー
キャッチ出来たはずのボールをハンブルし、抜け目なく詰めてたラウルに押し込まれてしまった。
押されたまま前半を1-0で終える。

後半に入ってから、徐々にミランもチャンスを作り始める。
そして62分、リスタートからのピルロの超絶ロングシュートで追い付いたところから流れが変わった!
ハイライトで見ても震えが来るような、素晴らしいゴール。これがピルロの底力!
4分後には、アンブロジーニからのバックスピンのかかった優しいパスをパトが受け、
カシージャスを軽やかに交わして2点目!ミラン逆転に成功!ヽ(´∀`)ノ

しかし76分、ラウルの蹴ったCKから、ドレンテの地を這うようなシュートで追い付かれる。
あれはサインプレーでしょうね。待ち構えてたようなドレンテのシュート、天晴でした。
そして終盤の87分、レアルのゴール前左サイドにいたセードルフから、間にいたDF5人の頭を越す
ふわっとしたボールが、右サイドにいたパトへ。これをダイレクトに決めて3点目!
再びミラン逆転!パトドッピエッタ!ヽ( ´∀)爻(∀` )ノ ワーイ

90分を迎え、ロスタイム3分を経過し、ミランが敵地で勝利!勝ち点3をゲット!
危ない場面がいくつもあったけど、みんなの踏ん張りで追加点を許しませんでした。
正直勝てるとは思ってなかった試合、めちゃめちゃ嬉しいです!!

次節はホームにレアルを迎え、折り返しの対戦となります。次も勝つぞ!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック